組織概要

名称 公益財団法人 天文学振興財団
所管 内閣府(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成18年法律第50号)第44条の規定に基づく公益財団法人)
目的 全国及び海外の天文学に関連する分野の研究、教育および普及活動への支援等の事業を行い、もって社会における天文学の振興に寄与することを目的とする。
事業
  1. 天文学に関連する分野の研究活動に対する助成
  2. 天文学に関連する分野の国際交流活動に対する助成
  3. 天文学に関連する分野の研究集会の開催および参加に対する助成
  4. 天文学に関連する分野の教育活動に対する助成
  5. 天文学に関連する分野の知識の普及・啓発活動に対する助成
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
事務所 東京都三鷹市大沢2丁目21番1号 国立天文台内
基本財産 166,880千円(平成28年3月31日現在)
組織
  1. 理事:  3名以上10名以内(うち、代表理事2名以内および執行理事3名以内)。代表理事より理事長1名を選定する。
  2. 監事:  2名
  3. 評議員:  6名以上15名以内
  4. 顧問:  若干名
  5. 職員:  若干名

組織/評議員/役員

  • 評議員(12名)
    • 吉田庄一郎  (株式会社 ニコン 相談役)
    • 清水岳男  (三菱電機(株) 通信機製作所 所長)
    • 國澤有通  (富士通(株) ソリューション事業本部長)
    • 三宅  明  (キヤノン(株) 光学機器事業本部 LSオプティクス開発室 室長)
    • 原  勉   (浜松ホトニクス(株) 常務取締役中央研究所長)
    • 齋藤和隆  (日本通信機(株)マイクロ波技術部主管部長)
    • 山内隆司  (大成建設(株) 代表取締役会長)
    • 奥田治之  (宇宙科学研究所 名誉教授)
    • 杉本大一郎  (東京大学 名誉教授)
    • 平山  淳  (国立天文台 名誉教授)
    • 海部宣男  (国立天文台 名誉教授)
    • 櫻井  隆  (国立天文台 名誉教授)
    • 任期:
       評議員清水岳男及び原勉は、平成25年6月18日〜平成28年度事業のものに関する定時評議員会の終結の時まで。
       評議員三宅明は、平成28年6月2日〜平成31年度事業のものに関する定時評議員会終結の時まで。
       それ以外の評議員は、平成25年4月1日〜平成28年度事業のものに関する定時評議員会の終結の時まで。
  • 理事(8名)
    • 觀山正見  (広島大学 特任教授)/代表理事・理事長
    • 林  正彦  (国立天文台台長 教授)/代表理事
    • 尾中  敬  (東京大学 教授)
    • 坪井昌人  (宇宙科学研究所 教授)
    • 河合誠之  (東京工業大学 教授)
    • 家  正則  (国立天文台 名誉教授)
    • 福島登志夫  (国立天文台 教授)
    • 関口和寛  (国立天文台 教授)/執行理事
    • 任期:平成27年6月15日〜平成28年度事業のものに関する定時評議員会の終結の時まで。
  • 監事(2名)
    • 亀井久治  (公認会計士)
    • 石黒正人  (国立天文台 名誉教授)
    • 任期:平成27年6月15日〜平成28年度事業のものに関する定時評議員会の終結の時まで。
  • 顧問(2名)
    • 古在由秀  (国立天文台 名誉教授)
    • 小平桂一  (国立天文台 名誉教授)
    • 任期:顧問古在由秀は、平成25年6月18日〜平成28年度事業のものに関する定時評議員会の終結の時まで。
       顧問小平桂一は、平成26年4月1日〜平成29年度事業のものに関する定時評議員会の終結の時まで。

※平成28年6月2日現在、役員はすべて非常勤である

募金および賛助会員

  天文学振興財団は、天文学に関連する分野の研究、教育および普及活動への支援等の事業を行うことによって、国際社会における人材の育成と経済社会の発展に寄与するという趣旨に賛同される皆様からの募金ならびに賛助会費等によって運営されています。国際社会への貢献の一翼を担う天文学振興財団の目的に賛同賜わり、募金ならびに賛助会員としてご入会くださいますようお願い申し上げます。

  • 寄付
    • 天文学振興財団の趣旨に賛同され、寄付にご協力いただける場合には、天文学振興財団事務室にご連絡をお願いいたします。
  • 賛助会員
    • 賛助会員としてご協力をいただける場合には、1口(年額5万円)以上の賛助会費を納付していただくことになっています。
  • 照会先
    公益財団法人 天文学振興財団 事務室
    〒181-8588  東京都三鷹市大沢2-1-1  国立天文台内
    TEL  0422-34-8801  FAX  0422-34-4053
    メールでのお問い合わせ
  • ご寄付に対する税制上の優遇措置のご案内
    • 公益財団法人天文学振興財団に対して寄付金(賛助会員の場合は会費)のご協力をいただくと、次の税制上の優遇措置が受けられます。

個人

  • 所得税
    • 個人が公益財団法人天文学振興財団に支出した金額は、特定寄付金に該当し寄付金控除が受けられます。従って、他の公益財団法人への寄付金を含めた特定寄付金から2,000円を差し引いた金額が寄付金控除として、年間所得から控除出来ます。(ただし年間所得の40%が限度額です) 寄付金控除を受けるためには、所轄税務署で本財団が発行した領収書等を添付して確定申告を行う必要があります。
    • (例)  寄付金額が1万円の場合は、2千円を控除して 8千円が寄付金控除額となります。
  • 個人住民税
    • 公益財団法人に支出した寄付金については個人住民税の税額控除が受けられますが、寄付金の範囲が異なるため、お住まいの都道府県、市町村の税務課等でご確認下さい。
  • 相続税
    • 相続により取得した財産の一部又は全部を公益財団法人に寄付した場合、寄付した財産には相続税が課税されません。

※  詳しくは、最寄りの税務署にお尋ね下さい。

法人

  • 寄付金の損金算入限度額
    • 公益財団法人に対する損金算入限度額は通常の寄付金の損金算入限度額と同額以上が別枠として損金算入することが認められています。

※  詳しくは、最寄りの税務署にお尋ね下さい。

  • 本財団へのご寄付について
    • 寄付金の金額に制限はありません。

賛助会員名簿

(2016年4月1日現在)

  • 株式会社ニコン
  • 三菱電機株式会社
  • 富士通株式会社
  • キヤノン株式会社
  • 浜松ホトニクス株式会社
  • 日本通信機株式会社
  • 大成建設株式会社
  • 公益財団法人 日本測量協会

その他

沿革

財団法人天文学振興財団
1994年(平成6年)3月30日 設立許可
2013年(平成25年)4月1日 公益財団法人天文学振興財団 (一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成18年法律第50号)第44条の規定に基づき公益財団法人に移行)